トップ

賃貸で必要な保証人

賃貸契約の際に必要なのは

賃貸の保証人は必須です

賃貸物件を借りるために契約する際、保証人は必須です。毎月支払う家賃は、大きく、もしも2又は、3か月滞納するだけでもたいそうな金額になります。そのために、敷金というものを契約時に支払いますが、それでも不動産会社は保証人を付けさせます。必ず有職者の親類で、その人の印鑑証明書なども必要になってきます。必ず、契約する前に、頼れる人に相談しておきましょう。最近では賃貸物件でも、保証にん不要の物件などもありますが、その分、賃料が上乗せされてしまうという場合がほとんどです。また、保証にん代行サービスなども巷には、ありますが、赤の他人を使うことはやめておいたほうが無難です。

物件契約には保証人が必要

賃貸物件を借りる契約をするには、その物件を借りている人と同等の責任を負う連帯保証人が必要です。借り手の責任の第一は毎月の家賃の支払いです。また、契約を解約して退去する時にはそれまで借りて住んでいた賃貸の部屋を現状回復する義務があります。連帯保証人になった人は、こうした借り手の義務を代わって果たす必要があり、大家さんや不動産会社から請求があったら拒否できないという重い責任を負うことになります。こうした重い責任があるので、親などの近い親族に依頼するのが一般的ですし、不動産会社でも親族限定としているケースが多くなっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際に必要なのは. All rights reserved.