トップ / 賃貸住まいでかかる費用の事で

賃貸の余計な更新料は

賃貸住まいでかかる費用の事で

賃貸物件の更新料とは

賃貸物件に住むことになると、いろいろな費用がかかってくることがあります。賃料はもちろんですが、定期的に更新料がかかるところもあるのです。その物件のある場所にもよるのですが、通常賃料の1~1.5ヶ月くらいの費用がかかってきて、更新の手続きをすることになります。賃貸物件の不動産会社で、その時期の1~2ヶ月前に書類を送付してくれるので、手続きをして更新料の振込みなどをして支払いをしていくことになります。ほかにも礼金や敷金などの費用が初期費用としてかかることになるのです。物件を借りるというのは、お金がかかるものなのです。

更新料のハガキが届いたら

賃貸を契約している場合、更新の手続きの案内が2年に一度、または3年に一度のペースでやってくるでしょう。更新料を払う際に、更新しようか、はたまた、どこかにまた引っ越そうか。悩めるところです。しかし、ちょっと待った!!せっかく、不動産会社に行くんですもの、賃貸物件の家賃の交渉をしてみましょう。今借りている物件に、空き部屋が多い場合、大家さんは、一人でも部屋を出て行かれるのを防ぐために、賃料を安くしてもいいから、そのまま住んでいてほしいとおもっているものです。なので、交渉次第で、更新料を免除や、その後の賃料が変わる可能性もあります。ちょっと相談するのもアリですね。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際に必要なのは. All rights reserved.